ご支援・ご寄付のお願い

大阪市男女いきいき財団の前身である財団法人大阪市女性協会は1993年に設立されました。以来、男女共同参画社会及びその他のより良い地域社会の実現に寄与することを目的にたくさんの方のご支援を賜りながら、女性の活躍促進事業や女性の自立に向けた事業、DV被害者支援事業などを実施してまいりました。

これからも、あらゆる人の人権や生活が守られ、安心して暮らせる社会の実現のために、継続的に事業を実施し、社会課題の解決に貢献してまいります。当財団の活動に対しご理解いただき、ご寄付のお力添えを賜りますよう、心からお願い申しあげます。

【ご寄付についてのお問合せ先】
ご寄附は賛助会費とは違い、期限や指定の金額などは特にありません。
どなたでも500円から受付けております。
不明な点、ご相談などありましたら、お気軽にご連絡ください。
大阪市男女いきいき財団 企画調整課
電話06-7656-9040

女性のチャレンジ支援基金への寄付

女性のチャレンジを支援する公益性の高い事業を、継続的、安定的に展開するために活用する基金として、2011年に当財団が創設しました。
ご案内はこちら

【これまでの基金活用事例】

働きづらさに悩むガールズのためのパソコン&仕事準備講座の実施

生きづらさや働きづらさに悩み、いくつもの困難を経験し、現在、非正規雇用や不就労のため生活が困難な状況にある若い女性たちを対象に、生活自立にむけた就職・再就職を目的としたパソコンスキルの習得の機会と、就労にむけた意欲の向上と自分に対する自信を獲得する機会を提供する事業です。2011年度から毎年実施しています。

・ のべ受講者数423人 多くの方が就業など次のステップに進んでいます。


市民活動のためのグループ活動支援事業

女性のチャレンジを応援するために活動するグループ・団体・NPO等による事業を支援します。市民グループとの協働により、男女共同参画の推進における さまざまな課題を解決をめざします。

・2013年度実施 2団体

 

一般寄付

いただいた寄付は、就労支援や女性への暴力根絶、困難な状況にある女性への支援など、様々な事業に活用されています。

「外資系で働く女性に聞く!それぞれのハッピーキャリア」の開催

在日米国商工会議所と当財団が共同主催にて、シンポジウム「外資系で働く女性に聞く!それぞれのハッピーキャリア」を開催しました。


デートDV防止 啓発教材DVDの制作

恋人からの暴力=デートDVを防止するための啓発教材です。デートDVの正しい理解を広め、人間関係が広がっていく、思春期から青年期の人権意識を高める教材です。


講座開催時の一時保育事業

子育て中の方でも安心して事業に参加していただくために、朝・昼のほとんどのセミナー・講座事業で一時保育を実施しています。年間約1200人のお子さんが利用しています。

 

 

事業へのご協賛

ママのためのお気軽クラシック

本事業は、親子一緒に参加できる本格的なクラシックコンサートです。演奏中の泣き声や話し声は「おたがいさま」、入退場も自由で、周囲へ過度に気遣うことなく楽しむことができます。また、おとながリラックスして楽しめる構成にしていることも特徴の一つです。育児にめまぐるしい毎日を送るお母さんたちにこそ音楽を楽しんでほしいとの想いをこめて実施します。ロビーにプレイルームを設けたり、子育てに関する情報提供を行ったり、気軽に相談できたりするなど、子育て中の方同士のつながりを生み出しながら、子育てしやすい社会づくり、虐待を生み出さない社会づくりに貢献する事業です。
また、本事業の趣旨を理解いただいた上で、どなたでも入場できることとし、子育て中の方への理解を促す機会とするこ ともねらいとしています。  

【これまでの実績】(2011年〜)
・ のべ参加者数2100人

【参加者の感想】
・子どもの落ち着きがなくなっても周りに遠慮せずに音楽を聴けたのでよかった。とてもリラックスできた
・自分と同じように子どもがいるママが、素敵な演奏をしている姿を見て感激した。自分も何かに頑張りたくなった
・久しぶりにゆったりした時間が過ごせた

【ご協賛いただいた企業様】
・株式会社ワタナベ楽器店様
・ ECCジュニア様
・喜連瓜破スポーツクラブVivo様

【協賛企業様の募集】
企業様からの広告協賛を募集しています。詳しくはお電話にてお問合せください。
大阪市男女いきいき財団企画調整課 電話06-7656-9040

イクメン写真コンテスト

男女が共に、個性と能力を発揮していくためには、「女性の活躍推進」や、「男性の家庭・地域生活への参画」など、ワーク・ライフ・バランスが重要です。「男性のワーク・ライフ・バランス」を推進する取り組みとして「イクメン写真コンテスト」を実施しています。詳しくはこちら
○「イクメン」とは、育児を積極的に楽しむ男性

ピンクリボンキャンペーン

乳がんは、早期に発見できれば、そのほとんどを治癒することができます。その重要性を訴え、定期健診と月1回の自己検診の大切さを広く伝える「ピンクリボン運動」を応援しています。詳しくはこちら

 

ご支援・ご寄付

一般寄付
女性のチャレンジ支援基金
事業へのご協賛